「シグナル100零」ネタバレ最新全1巻完結。シグナル100がどうして生まれたのか判明!美人寮母が絡んだ前日譚
おすすめコミック

シグナル100零
ネタバレ感想特集

シグナル100零のエログロ画像、最新ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

原作・宮月新。

作画・Ryuki。

橋本環奈主演の実写映画化もされたシグナル100。

一人の教師により凄惨なゲームに参加させられた生徒たちの前に、似たような催眠をかけられた者たちがいた。

 

 

1巻

霜月春哉は行方不明の兄を探す目的もあり、同じ大学に進学し、競争率が高い寮に入った。

そこの寮母は兄の恋人の峰岸ゆゆという可憐な美女だった。

兄の秋成は心理学を学んでいて、研究に忙しくしていたが、ゆゆにも何も告げずに姿を消した。

そして春哉はすぐに、おぞましく事実に晒されていく。

何かに怯えている入寮者たちの違和感。

訳の分からない最初の事件。

そして秘密裏に行われていた死と隣り合わせの実験に巻き込まれてしまう…

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

 

感想

シグナル100零でした。

作画は以前の近藤しぐれさんの方が好きですが、映画公開に合わせた1巻こっきりでスッキリ終わって繋がっているのは読みやすくて良かったと思います。