スポンサーリンク
スポンサーリンク

喰姫2巻ネタバレ感想

喰姫のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

人型の昆虫のような化け物の巣窟に足を踏み入れてしまった大学生グループ。

仲間の一人を殺され、一人は片腕を失う重傷。

助けを呼ぶため警官の吾妻はパトカーを飛ばすが、待ち受けていた化け物たちに取り囲まれてしまう・・・

 

6話

女がキリたちを追っていると、森の中から数発の銃声が響いた。

その場所に行ってみると、立ち尽くす御厨と、血まみれで倒れているキリとそれに覆いかぶさっている紀藤がいた。

 

御厨は怖気もせず、死んだ山田の代わりに自分を協力者にしてくれないかと言い出した。

女は仲間を裏切ったばかりの男の言うことなどすぐには信用しなかったが、彼は紀藤たちは大した存在ではないかのように吐き捨てる。

3

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

女が友好的な態度を見せた瞬間、御厨はポケットから携帯を取り出し投げつけた。

女は武器と思っていたので虚を突かれる。それを見逃さず紀藤が懐から銃を取り出し、腹部に数発の弾丸を命中させた。

4

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

しかし、まだ女には致命傷を与え切れていなかった。

その時、間髪入れずキリが樹上から舞い降りた。

 

 

7話

仲間割れをしたと思わせる作戦だった。

真実味を持たせるため、キリは髪と片腕を犠牲にし、紀藤がキリに覆い被さっているように見せかけていた。

 

それでもキリの一撃もギリギリで躱され、致命傷には至らない。

しかも、ロリ風ツインテ率いる新手が複数やって来てしまう。

 

万事休すかと思われたとき、ツインテは女に近づき背後から止めを刺した

5

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

化け物は一枚岩ではないらしく、それぞれの主張を持って暮らしているようだった。

ツインテは紀藤たちに危害を加えるつもりは無いらしいが、追われても困ると言いながら一人の女を差し出してきた。

 

それはどこからどう見ても、殺されたはずの早瀬だった。

6

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

死骸から作り直した「なりたて」だと言うツインテ。歪な笑みを残して森の中に消えていく。

 

 

キリに因ればもうヒトではなく、いずれ本能のままに人を食らうだけ。

それでも御厨は、はいそうですか殺しましょうとはなれるはずもない。

いずれキリみたいになれる可能性だってあるだろうと微かな希望に縋ろうとする。

 

もちろん可能性の話をすればないとは言えない。

だが、化け物としての生を彼女が望むだろうか?そう問い返され、御厨は岩を持ち上げ早瀬の目の前に立った。

 

その時、銃声が響いたと同時に地面に粉塵が舞い上がった。

いつの間にかすぐ近くにショットガンを持った女がいた。

8

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

女はすぐに銃を構え直し、今度は早瀬に狙いを定めた。

すぐに御厨が抱え飛んで狙いは外れたが、腕に傷を負って血が滴っていく。

御厨の血を見た早瀬は見る見る表情が変わっていき、御厨の首筋にかぶりついた

 

 

8話

御厨は肉を齧り取られた後、どこか嬉しそうな顔をしていた。

 

激昂する紀藤。しかし女は狙いをつけたまま聞く耳を持とうとしない。

怯えた早瀬は森の中に走り出し、キリも追って行ってしまう。

 

女は深追いすることなく、紀藤を促して歩き出した。

 

 

キリは早瀬を追いながらも、化け物の女に致命傷の一撃を与え損ねた時に流れ込むように見えた記憶の断片が頭から離れなかった。

あの女におぶわれている黒髪の自分。

女は優しい笑みを自分に向けていた。

いつ、どこで、どうしてそんなことをしていたのか思い出せず、胸が締め付けられるようだった。

10

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

やがて早瀬を追い詰めるが、そこにはまた化け物の群れが待ち構えていた。

ツインテは最初からキリを確実に殺すつもりだった。

 

 

紀藤は女が所有する小屋に案内された。

中に入った途端、異臭が鼻をつく。その正体は壁に吊り下げられた化け物の死骸だった。

 

着物姿の女だと思っていた正体がその化け物だと知り、自分の正気を疑ってしまう。

 

女は黒羽麻美と名乗り、自分と化け物の因縁を語り始めた。

 

 

彼女の当時14歳の娘が失踪し、マスコミやビラ配りなど尽くせる手は尽くしたが、頑として行方は知れなかった。

やがて数年が経ち、娘がいない日常に慣れ始めたある日、帰宅すると夫が娘の名を呼びながら化け物相手に腰を振っていた

12

著者名:武中英雄 引用元:喰姫2巻

 

 

夫は言い訳している最中に化け物に殺されたが、麻美はなぜか見逃された。

それから黒羽は銃を手にとって、家族を奪った化け物に復讐を誓ったのだ。

 

 

そして紀藤の話を聞き、女に見える場合があること、化け物にも個体差や人語を操るものがいると分かった。

なら、人を化け物に作り変えられる女王と娘の名を語るやつだけを殺せば復讐は完了する。

そう言って見せてきた娘の写真は、あのツインテに間違いなかった。

スポンサーリンク