スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギフト±5巻ネタバレ感想

ギフト±5巻のネタバレと感想とあらすじ、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

阿藤が死に、遺志を継いだ桜田瑞希。

林と名を偽って闇医者をしていた英に接触し、正義を貫こうとしていく。

 

 心臓の行方

環の心臓移植手術で助手をしていた英は、オペ室内にあったクーラーボックスがいつの間にか消えていたことを話し、おそらく「ドミノ移植」が行われたと示唆する。

取り出す必要のない健康な臓器を摘出し、必要な誰かへと流す。環はその被害者になってしまっていた。そのせいで手術前と性格が変わったと思われる。

capture-20170105-163816

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

当時、その臓器移植法違反の首謀者である院長の叔父を英は問い詰めたが、甥でさえも亡き者にして隠蔽しようと銃を向けてきた。
しかし弾は逸れ、英は気絶するだけで済んだ。やがて意識を取り戻した時に見たのは、腹を切り裂かれて血まみれで倒れている叔父と、メスを握り締めている幼い環だった。

capture-20170105-163945

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

環は、止めを刺そうとしていた院長を止めようとメスを突き刺した。すると彼は、全ての苦しみから逃げ出すように自らの頭を撃ち抜いたのだった。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

そして全てを闇に葬ろうとして、英を病院に火をつけた。

 

 

キーになるのは環の本当の心臓の行方と、彼女が誰の心臓を移植されたのか

capture-20170105-164112

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

 

極秋会病院に主治医の梨世の診察を受けに来た環。丁度その時、梨世は院長とやっている最中だった。見られていたバツの悪さなど感じることもなく、梨世は解放されてラッキーとばかりに環を連れて診察に戻る。

capture-20170105-164257

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

環は感情が芽生え始めていた。タカシと梨世が関係を持っていたのにも驚いたが、それ以上に英を思い出すと胸がチクチクするのを感じていた。

capture-20170105-164423

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

スポンサーリンク