スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人92話ネタバレ感想

ガビの勇気と思い切りいい作戦で装甲列車破壊に成功。

スラバ要塞陥落まであと一歩。

 

 

第92話 マーレの戦士

空挺部隊からも装甲列車の破壊が確認できた。

このタイミングを逃さず止めを刺すために、飛行艇にはジークとライナー、それに多くのエルディア人が待機していた。

著者名;諌山創 引用元:進撃の巨人23巻

 

 

 

地上では歩兵部隊が侵攻を続け、顎が機動力を活かして破壊の限りを尽くしていた。

 

さらに車力も加わり、その上に乗った機銃隊が銃弾を振り注がせていく。

著者名;諌山創 引用元:進撃の巨人23巻

 

 

ファルコは負傷して身動きできない敵兵を塹壕に引き摺って来た。ガビはそんな行為や自分を助けようと覆い被さったことを、鎧を受け継ぐための点数稼ぎだと思い冷たい態度で接するが、あれは彼自身にも理解し切れない行動だった

著者名;諌山創 引用元:進撃の巨人23巻

 

 

しかも助けたつもりの敵兵には、恩義など一切感じていない呪詛の言葉を吐き捨てられた。

著者名;諌山創 引用元:進撃の巨人23巻

 

 

 

その直後、地上部隊に撤退の命令が出た。空からは次々とパラシュートをつけた何かが落ちてくる。

それは拘束されたままのエルディア人だった。

 

全員が投下されると、ジークはおもむろに咳払いをして喉を整え、雄叫びをあげた。その瞬間、空を舞うエルディア人が光に包まれていく。

著者名;諌山創 引用元:進撃の巨人23巻

 

 

そして巨人の爆弾となり、要塞に降り注いでいった。

 

[ad#co-1]

スポンサーリンク