スポンサーリンク
スポンサーリンク

マザーグール1巻ネタバレ感想

聖エルレシアン女学院。

良家の子女ばかりが集うお嬢様学校では、修学旅行で豪華客船を貸し切り、遥かなる海を渡ってドバイを目指していた。

しかし、航海途中で消息を絶った・・・

 

 

桐島朔也

スクールカースト上位グループに属し、同じ良家のお嬢様と楽しく学校生活を送っている。

しかし、他人に幸せであると見てもらわなければならないという強迫観念に囚われていて、心の中では幸福を感じていない。

 

常に首にかけているロケットペンダントには、愛しの君の写真を忍ばせている。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

東雲なつの

才能に溢れた陸上部短距離走者。

だったが、膝の怪我により陸上を引退してからは一気に輝きを失い、教室の中でも机に伏せっていることが多くなった。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

財前楓子

首にヘッドホン、奇抜なヘアカラーと、学内でも異彩を放つはぐれ者。

男遊びの噂が絶えず、同級生たちからの評判も著しく悪い。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

九重すず

他人が嫌がることを誰に言われるでもなく率先してやる、心根の優しい子だが、それが逆に甘やかされて育ったお嬢様たちには疎ましく見え、空気の読めない人間のレッテルを貼られてしまっている。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

東伏見笙子

学年全体から慕われ、周りに人が絶えない人望の持ち主。

誰もが笙子様と呼んで憧れの目を向けられている。

この孤島では上記4人と漂着場所が離れていて、その動向は「HOLY HOLY」または「旧約マザーグール」で確認できる。

 

 

無人の島で

優雅な船旅でティータイムを楽しんでいたその時、突然カップが倒れて制服に染みを作った。

直後、カップと朔也は宙に投げ出されていて、海と空が逆さまに見えた。

 

 

どれくらいの時間が経ったのか、酷い暑さと喉の渇きを覚えて目を覚ますと、どこかの島に流れ着いていた。

 

朔也を見つけて介抱してくれたのは、なつの、楓子、すずの3人だった。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

しかし、学園のはみ出し者3人と一緒にいるところを誰かに見られたらと思うと、彼女は感謝よりも恥ずかしさがこみ上げた。

 

そして3人は、朔也が起きて体調に問題なさそうなのを見て、偶然笙子たちが乗るボートがこの島のどこかに流されてくるのを目撃していたので、合流するため鬱蒼と生い茂るジャングルの中に足を踏み入れていった。

 

そのボートに笙子たち以外に、眼鏡をかけた愛しの君も乗っていたことを聞き、朔也は酷い運命の中で、一つの楽しみを見出した。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

 

しかし、ジャングルの中をかき分け進んでいる内に、なつのが脱水症状になりかけてしまう。

 

すずは気持ち悪いゲテモノ昆虫など気にせずに、水分を多量に含んだ蔓を叩き切ってなつのに飲ませた。

 

そんな3人のことを、朔也は蔑んだ目で見た。

だが、すぐに楓子が言い返した。

 

半日寝ていたあんたを寝ずに看病したのがすず。

 自分の分の飲み水をあんたに分け与えたのがなつの。

 何もせずに寝ていただけのあんたに、見下される筋合いはない!

 

すると彼女は楓子に体当たりして吹き飛ばし、一人で笙子さまと合流するからと言って駆け出した。

 

その時、ロケットを落としたことに気付いたが、もう遅かった。

 

それを拾った3人はすぐに中を見て、収められている写真がA組の同学年だと分かった。

まさか朔也がそっちの趣味だとは思わず、単純に驚いて彼女を羞恥でいっぱいにさせてしまう。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

誰にも知られたくなかった秘密を知られ、彼女は闇雲に走り出した。

その時、進む先から吉川が走ってくるのが見えた。

 

落ちこぼれ3人に比べたら、どんな相手でも良かった。

しかし、吉川は恐ろしい形相で何かから逃げているようだった。

 

朔也の手が届く寸前で、彼女は木の上から手を伸ばしてくる化け物に捕らえられてしまった。

マザーグール

著者名:菅原キク 引用元:マザーグール1巻

 

 

巨大な一つ目。

人間とよく似た巨大な手と鋭い爪。

人間も磨り潰せそうな巨大な歯と口。

 

吉川は無残に食い殺され、朔也は彼女の血を浴びたまま逃げることしかできなかった。

スポンサーリンク