スポンサーリンク
著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号
スポンサーリンク

私の少年19話ネタバレ感想

私の少年の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

また電話で繋がった二人。

いくら成長したとは言え、真修はまだ中学生で、聡子は理性を働かせるしかなかった。

しかし、社会のことをある程度知るようになった少年は、仙台に会いに行くと告げる。

 

19話

真修のその言葉は、大人として言わせてはいけないと思いながらも、聡子個人としてはこれ以上ない喜びを感じさせてくれるものだった。

 

滲んだ涙が頬を伝い、聡子は自分の心に蓋をして言葉を紡ごうとした。

 

その前に、調子はずれのチャイムの音が向こうから流れ込んで来た。

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

 

そのおかげで、少し心を落ち着けることができた。

 

身長を訊いてみると、166,7cmだと教えてくれ、たった2年で相当成長していることがデータとして理解できた。

 

まだ聡子よりは低いものの、抜かれるのは時間の問題。

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

 

2年は身体だけでなく心も成長していることに気づいた聡子は、改めて冷静になり、理屈としてもう会うべきではない理由を話した。

 

拒絶しているわけではないという本音はもう隠さず、本人同士の気持ちがどうだろうと、まだ子供と呼べる未成年と大人が個人的に二人きりで会うのは、社会的にアウトに見られるのだと説明する。

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

 

説明する声は落ち着いているが、腕は震えていた

 

しかし真修は、社会的にダメだと言われても納得できなかった。

 

周りにどう見られるのかはもう理解できていたが、聡子は変な大人でもないし、特別に思っている人と会うのは普通のことだった。

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

 

 

少年は仙台に行く決心を変えなかった。

 

ただ、自分の行動が聡子を困らせるのか気にする思慮も備えていた。

 

これもまた聡子は、個人的に困らないが大人として困ることになるだろうとしか言えず、お互いの気持ちを抑える方向でいこうとする。

 

しかし、能天気なチャイムの後の意気消沈した沈黙には勝てなかった。

 

だから、自分が東京に会いに行くと伝えた。

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

 

もし再会を運命と思ってもいいのなら、仕事で行く予定ができたのは何なのか。

ただ今のこれは心変わりではなく、少年のように勇気を出しただけだった。

 

 

 

元彼で上司の椎川の顔が思い浮かぶ。

 

新プロジェクトに参加するかどうかの返事をするのと、まだ幼い小学生だった真修に言っていない大人のやり取りを明かすいい機会だった。

 

感情だけじゃなく動けるようになった今の真修なら、理解してくれるはず。

 

自分がどこまで傷つくのかはこの際置いておいて、少年に傷を残さぬよう、完全にさよならを伝えるつもりだった

私の少年

著者名:高野ひと深 引用元:ヤングマガジン2018年26号

 

私の少年を読むならこちら

スポンサーリンク