スポンサーリンク
著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年12号
スポンサーリンク

ギガントネタバレ感想
11話12話13話

ギガントの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ちほに頼られ幸せの最中、彼氏と鉢合わせてしまい修羅場に。

零はボコボコに殴られてしまうが、ちほが巨大化して助けてくれた。

ちほと付き合えるチャンスができた矢先、あり得ないことを実現させる奇妙なサイトが話題になり、天変地異、人が死んだりと次々と現実に起こり始めていた。

 

11話

修羅場を迎えてから、竜二はもう帰ってくることはなかった。

 

ちほは最初の頃は悲しみに明け暮れたが次第に割り切っていき、零とも普通に会って前を向き始めていた。

 

 

そんな矢先のある夜、彼を泊めたのがいけなかった。

 

自分を好きだと言っている男を泊めたのだから、そういうことをしてくるのは当たり前で、彼はベッドに押し倒したちほに覆い被さってハッスルし始めた。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

ちほも男子高校生のパワフルさに初めてなくらい感じてしまい、抵抗する気持ちも忘れてされるがままに彼に任せた。

 

彼の顔が近づいてきて振り向いてキスしようとした。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

その時、目を覚ました

 

さすがに少し罪悪感と恥ずかしさを感じての寝起きは、釈然としなかった。

 

 

 

零は勢いに任せた告白の返事をメッセージを送って催促した。

 

既読がついたのに授業中もドキドキしてしょうがなく、下校中も友達の話も上の空で返信はまだ来ないのかと気が気じゃなかった。

 

 

友達の下らない話に適当に相槌を打っていると、待ち望んだ返信が来た。

 

直接言うから、いつものファミレスに来て欲しい

 

その文面に集中していたせいで、東京の上空にドラゴンが飛んでいることなど気づきもしなかった。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

 

夜になり、友達の中島と飯を食べてくるといつもの嘘を親に伝え、自転車に跨って息を荒げながらファミレスに急いだ。

 

 

大人であり、AV女優という偏見の目で見られる仕事をしているちほの出した答えは、当然と言うべきかNOだった。

 

恋に恋している感じの彼を傷つけないよう、いつか別れるのは避けられない、友達としてずっと大切な関係でいたい。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

そんなソフトな言葉で彼に納得してもらおうとする。

 

そして注文の飲み物が持って来られた直後、彼は人目も憚らず泣き出した

 

 

テーブルに突っ伏し、嗚咽まで漏らし始める。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

ちほは友達としてなら一生付き合うつもりだと宥めすかすが、彼は顔を上げようとしないので、嫌いになるよと少しキツくすると、ついには駄々っ子のように大声で号泣し始めてしまった

 

 

もう店内は二人の修羅場に完全注目していた。

 

 

いたたまれなくなったちほは泣き落としに折れ、付き合うと言ってしまったのだった。

著者名:奥浩哉 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年11号

 

 

店を出て、改めてAV女優なのに念を押したが、彼の答えは変わらなかった。

GIGANTを読むならこちら

スポンサーリンク