スポンサーリンク
スポンサーリンク

シグナル100
1巻ネタバレ感想

シグナル100のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

今でもどこかで起きている学級崩壊。

ただでさえ負担が多くなっている教師は、どこに安らぎを求めればいいのか?

これは、あまりに酷い状況に追い込まれた一人の教師の復讐の物語である。

 

 

奪われた日常

とある高校の2年C組。

 

そこの担任を務める男性教師は疲弊し切っていた。

 

 

彼が教室に姿を見せても全く静かにしないばかりか、彼をバカにし、脅し、騒ぎ囃し立てるバカな不良たち。

 

そして彼らの悪ふざけを咎めるでもなく、傍観者を気取りながら笑う生徒。

 

それを見下しながらも注意せずに、関係なさそうに溶け込んでいるだけの樫村怜奈

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1001巻

 

 

 

完全な学級崩壊だった。

しかし、あの日だけは違っていた。

 

いつもより思い詰めているような担任の下部。

彼は名字と同じようにへこへこおどおどして、一切強気な態度を示さないことから、生徒たちから下僕と呼ばれ蔑まれていた。

 

そんな彼が、次の授業は視聴覚室で行うと伝えた時の様子は明らかにおかしかった。

 

出席してくれるだけで、一人1万円払うとまで言ったのだ。

校長にパヮハラ紛いの指導をされていたとは言え、クビを回避するために金を払っては本末転倒なのに、そんなことはお構いなしに切羽詰っている様子だった。

 

クラスを仕切っている不良のリーダー格・和田が皆を扇動すると、下僕は怯えからか身体を振るわせて土下座までしてみせた。

 

 

樫村は他のクラスの友達と昼食を食べながら、その出来事を話した。

 

C組も最初から荒れていた訳ではなかった。

 

という正義感が強いカリスマ性を持った生徒がいた頃は、そこまで酷くはなかったが、彼が教師の一人をボコボコにして停学を食らってから、クラスは和田を中心に荒れ始めた。

 

榊はレイプされそうになった樫村を助けるためにセクハラ教師を殴ったのだが、彼女が大事にされたくない気持ちを汲み、教師を退職させたうえで真実を語らなかったのだ。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1001巻

 

 

彼女はそれが歯痒かった。

空気を読んで目立たなければ、自分に関わらなければ停学することもなかった。

 

感謝しても仕切れないが、彼がペナルティを食らう必要は全くなかったのだから。

 

 

C組は、1万円を目当てに全員視聴覚室に集まっていた。

 

しかし、時間になっても下僕は現れず、苛立ち出した男子が教室を出て彼を連れてこようとしたが、ドアには鍵がかかっていて外に出ることができなかった。

 

その時、灯りが消えスクリーンでカウントダウンが始まった。

0になった瞬間、耳を劈く轟音がスピーカーから流れ出すと共に、奇妙な映像も流れた

 

 

どれほどの時間が過ぎたのか、いつの間にか音楽も映像も止まっていて灯りもついていた。

 

そして下僕が教室の後ろに佇んでいた。

 

 

戸惑う生徒たちを前にして、彼は淡々と語り出した。

 

特定の合図をきっかけに発動する「後催眠」を全員にかけたと。

 

催眠中に仕込んだ暗示を目覚めと共に一度忘れさせておきながら、特定の合図が与えられると瞬時に催眠中に戻り、仕込まれた暗示を忠実に実行するのが後催眠。

 

 

そんなことを聞かされても、だから何だという話だった。

 

和田に指示された山本は、躊躇なく下僕を殴り飛ばした。

 

殴られた下僕はニヤニヤしながら、「催眠発動の合図1他人に暴力を振るう」と言った。

 

直後、さらに頭突きをしようとした山本は、壁に自らの頭を打ちつけてしまった。

 

 

自殺催眠

それがかけられた暗示だった。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1001巻

 

 

 

アメリカで心理学を学んだ彼は、カルト教団が使っていたマインドコントロールを応用し、最高レベルの催眠状態に陥らせたと告げた。

 

その時、一人の女子が母親に電話をかけて、この窮状を伝えようとした。

しかし、話し始めてすぐに舌を噛み切って、口から吹き出した血を樫村の顔に浴びせかけ、絶命してしまった。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1001巻

 

 

合図2、クラスメイト以外にここで起きたことを伝える

 

 

自殺発動の合図は全部で100

 

下僕は高笑いした。

今まで十分自由を謳歌してきたのだから、これからは些細な行動一つに怯えながら生きていけばいいと、心からの笑い声をあげた。

 

だが、救済措置も設定されていた。

 

それは「ここにいるクラスメイト全員の死を見ること

つまり、生き残れるのはたった一人だけだった。

 

 

恐怖に歪む生徒たちの顔を見届けた彼は、満足したように窓へ近づいた。

 

そして空気を入れ換えるように窓を開け、自分の身体を地面に叩きつけて自殺してしまった。

 

 

担任教師が遺したものは、100のキラーアクションだった。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1001巻

 

スポンサーリンク