スポンサーリンク
スポンサーリンク

シグナル100
4巻ネタバレ感想

シグナル100のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

榊を殺せば全員が助かる。

しかし、気持ちが通じ合ったばかりの樫村はそれを許さない。

その頃和田は、皆の決意を固めさせるために、榊の正体を暴くと言っていた。

 

榊の正体

樫村は皆を説得すると言って、単身でC組のところに戻った。

 

 

和田は朝比奈のボーナスタイムをやっている間に、落ちていた井沢のカメラを拾って、改めて催眠を解くヒントを探していたらしかった。

 

そのデータの中に、岩崎先生という樫村にレイプ未遂を働いたセクハラ教師のフォルダがあるのを見つけ、それを確認して驚愕の真実を見てしまったのだ。

 

 

そこに樫村が戻ってきて、和田は動画を再生した。

 

体育倉庫に井沢がカメラを仕掛けているアップのシーンから始まった。

 

カメラが設置し終わるとが入ってきて、おもしろいものを見せてやると訳知り顔で笑みを見せた。
二人が画面から消えてから程なく、樫村が入ってきて、すぐに岩崎も入ってきた。

 

樫村は岩崎に呼び出されたと言い、岩崎は樫村からラブレターをもらってきたようで話が噛み合っていない
そんなことは構わずに岩崎が鼻息を荒げて襲い掛かった時、タイミングよく榊が現れて岩崎をボコボコにし始めた。

 

助けられたのは運命だと思っていたが、全ては榊が仕組んだことだった。

 

 

和田は間を空けず榊殺しを扇動しようとするが、樫村は一人で飛び出して行った。

 

和田が声を荒げると、羽柴、箕輪、小宮山、園田以外が樫村を追いかけた。

 

4人は人を殺してクリアするのを良しとせず、和田たちとは別に榊と樫村を探しに出た。

 

 

樫村は最早人を信じられなくなっていたが、真実を榊本人から聞かせて欲しいと思っていた。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

 

 

その頃、坊主頭の日野が榊を見つけていた。

 

彼の本性を知って怯える日野は、精一杯強がって詐欺師野郎と罵倒するが、あの動画を観られたことを知った彼は、鬼のような形相で睨み返した。

 

その直後、樫村が部屋の入り口に現れ、腹から血を流して死んでいる日野と血塗れになっている榊を目撃してしまった。

 

叫ぶ樫村。

 

和田グループが集まってくるが、榊は群がるC組を撥ね退けて逃げていった。

 

樫村を騙したのはおろか、人まで殺した榊に、彼女はもう全てがどうでもよくなっていた。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

 

 

和田の指示でC組は追いかけていくが、ただ一人、日野の親友の藤田は彼の亡骸を前に泣き叫んでいた。

それを見た和田は、彼に最後の一錠を渡して親友の復讐を促した。

 

 

榊は羽柴グループとはち会い、敵ではないという彼らの言葉を信じて、音楽室に逃げ込んだ。

 

しかし、気が狂っている園田が窓から顔を出したせいで和田に見つかり、全員が急行。

巨躯の藤田が怒り任せにドアをぶち破った。

 

薬を飲んだ彼は和田から事情を聞いていたが、今日一日の惨劇は全て榊が仕出かしたことだと嘘を教え込まれていて、限界を超えたように怒りに震えていた。

 

榊は殴り飛ばされ壁際に追い詰められる。
その時、樫村が自分に蔑んだ視線を向けているのに気付き、一切の抵抗を止めることにした。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

 

樫村が自分の死を望むなら、受け入れる覚悟はできていた。

ちゃんと全員に見えるように俺を殺してくれと藤田に語りかけ、彼は身体の力を抜き、藤田も覚悟を決めて首にかけた手に力を込めた。

 

 

恋敵への復讐と真の裏切り者

そのまま榊の死で復讐劇が終わるかと思われたその時、箕輪が「まって!」と声を張り上げて止めに入った。

 

そして、岩崎に樫村を襲わせたのは自分だと打ち明けた。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

 

 

榊のことがずっと好きだった彼女は、彼から想いを寄せられている樫村に憎しみを抱き、彼が岩崎を糾弾しようとしているのを知り、タイミングを合わせて岩崎と樫村を装って手紙を仕込み、酷い目に遭わせようとしたのだ。

 

藤田が手の力を緩めてどうすればいいか迷い始めると、日野には小便を漏らした痕があったから、自殺で死んだだけかも知れないと教えられ、いよいよ彼は榊を殺せなくなる。

 

和田や他の数人は殺せと煽り、羽柴たちはやめろと言う。藤田はただ迷うだけで自分で決められなくなった時、彼はうなじを突き刺されて殺されてしまった。

 

 

皆がバカ過ぎて、もうこれ以上耐えられない。

そう言いながら笑う小宮山が、藤田の背後に立っていた。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

 

下僕の本当の仲間は小宮山で、朝比奈はあの場限りの捨て駒に過ぎなかった。

そして彼女が下僕に協力した理由は、彼女の歪んだ小指にあった。

 

全国レベルのピアノの腕を持っていた彼女だったが、園田たちほどではなくても朝比奈をいじめていた箕輪に強要され、仕方なく朝比奈に暴力を振るったことがあった。

 

その時、繊細な彼女の小指は骨折してしまったが、林間学校中なこともあって言い出せずに放置したせいで、指は二度と元に戻ることはなかった。

 

 

それで夢を諦めたものの、復讐心で協力しているわけではなかった。

ただバカ過ぎるクラスメイトたちに、自分たちの愚かしさを知って欲しかっただけだった。

 

 

そう言い終わると、彼女は突然ピアノの鍵盤を叩いた。

その直後、C組の全員は気を失ってしまった。

 

アラームで目を覚ますと、時刻は午前4時直前だった。

 

そして小宮山はピアノの椅子に座ったまま、首を刺されて死んでいた。

 

しかも全員の制服の背中に、番号と暗示の合図が三つずつ書いてあった。

 

さらに黒板には「1時間後の午前5時、生き残った人の合図が全員のものになる」とあった。

著者名:近藤しぐれ 引用元:シグナル1004巻

 

スポンサーリンク