パパたちはストレリチアの戦闘データを元に、今後の処遇をどうするか話し合いを行っていた。

 

ゼロツーを汚れた血と称し、存在を蔑視している様子の彼らは、最近大型の叫竜が現れるようになったことを懸念し、ナインズに対応させ続けるのも限界があると考えていた。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

キッシングのために二つの都市がドッキングする壮大な様子を眺めながら、ヒロはゼロツーが言っていたキスの意味を思い出していた。

 

日常生活の全てとフランクスを動かすために必須なマグマ燃料の交換を、特別なことだと言っていたキスに例えてキッシングという。

 

それを決めたのは一体誰なのかと気になっていた。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

キッシングを見終わった後、ヒロは胸の異常を誰にも知られないようにいつもより早く風呂に入っていたが、痛みはどうしようもなく激しくなっていた。

 

すると、湯船から誰かが声をかけてきた。

 

いつの間にかそこにいたゼロツーはもちろん全裸で、見られることも厭わず湯船から上がって彼に近づいていく。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

驚いてうまく言葉が出てこない彼を追い詰めて壁ドンで行く手を遮り、彼の胸に手を伸ばした。

 

そこには、ドクドクと脈打つもう一つの心臓があり、ゼロツーは自分の印だと言って微笑んだ。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

二人がお風呂でも仲良くしているなど知る由もないイチゴとゴローが、明らかに調子が悪そうなヒロを心配していたその時、見慣れないコドモから声をかけられた。

 

彼はナインズリーダーのナインアルファだと名乗り、ゼロツーをナインイオタと呼んで探していた。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

感想

ダーリンインザフランキス12話13話でした。

隙あらば矢吹節が挿入されるので、油断なりません。早く一人ずつにフューチャーしたエピソードが見たいです。

ようやく待ちに待ったお風呂回が来ました。

次は男子VS女子でしょうか。

ダーリン・イン・ザ・フランキスを読むならこちら